トイレを済ませてさあ水を流そうと思ったら水が流れていかない・・・!

それどころか詰まって水が溢れてきてしまう!

そんな体験をしたことがありませんか?

もし外出先でそのようなトイレのつまりトラブルに遭遇してしまったらどうしますか?

お店や施設のトイレだったらそのまま放置して立ち去ってしまうかもしれませんね。

しかし、友達の家だったら結構焦りませんか?

友達に言うのも恥ずかしいし・・・。

そういう時にはトイレにラバーカップがないかどうか探してみてください。ラバーカップが置いてあればそれを使ってトイレのつまりを自分で解消することができます。

おもいっきりトイレにラバーカップを押し付け、ゆっくり引き抜いていきます。するとトイレの中が真空になり、奥のほうにつまっていたものが出てくるのです。

水位が元通りになったようでしたらそのまま流すことができます。水位がいつもより高いようならまだ詰まっている可能性があるので少し時間をおいて様子をみましょう。そして少しずつ水を流し、水位が一定になるようでしたら水を流しても大丈夫です。

 

しかし、ラバーカップがあればいいものの、ご家庭によっては置いていないところもあるかと思います。

そうした場合にはお湯を沸かして少し冷ましたお湯をトイレに注いでみてください。熱湯を注ぐとトイレの便器が割れる可能性があります。

お湯を流すとトイレの奥の方で詰まっていたトイレットペーパーや便を溶かすことができます。すると水が流れるようになります。

お湯をゆっくり注いで水位が高くならないようでしたら水が流れていっている証拠です。

 

ラバーカップやお湯を注いでもつまりが解消されない場合にはさらに奥のほうで詰まっているのか、お湯やラバーカップではとれないような異物が紛れ込んでいる可能性が考えられます。自分で腕を突っ込んでみるか、業者に依頼してトイレつまりを除去してもらいましょう。